星輝☆rukiの語り

星輝☆rukiのブログ

平成時代の日本を覆いつづけてきた閉塞感は、昨今はやりの日本スゴイを生んだ。

折しも、来年は明治元年から起算して満150年。
政府は68年の明治百年に準じた記念式典を挙行し、各種イベントを仕掛けるという。
平成から新時代への幕あいを、タイミングよく栄光の明治がよぎることになる。
明治以降の歩みを次世代に遺す。
明治の精神に学び、さらに飛躍する国へ――。
各省庁や地方自治体に明治150年関連施策の推進を呼びかける文書は明治をこうたたえる。
立憲政治を導入し、鉄道を敷き、学校をつくり、能力本位の人材登用を進めた明治期。
近代化への道をひた走ったこの時代にあらためて光をあてることで日本の強みを再認識す べきだという。
明治への思いもわかるが、それにしても称揚一色の書きぶりではある。
栄光の裏には悲惨があり、勝者の陰には敗者がいる。
維新では多くの血が流れ、戊辰戦争に敗れた奥羽越諸藩は塗炭の苦しみを味わった。
敗者の群れの住む所として東北地方に新たにレッテルが貼りつけられたと佐々木克の名著戊辰戦争は言う。
栄光の明治の象徴のように語られる日露戦争にも多様な視点は必要だ。
旅順陥落や連合艦隊の物語は華々しい。
しかしこの戦争での勝利は満州への足がかりをもたらし、昭和の戦争の導火線となった。
新興国ならではの苦悩を伴っていたのも、明治という時代だろう。
夏目漱石が三四郎のなかで、広田先生に言わせた有名な言葉がある。
日露戦争に勝って日 本はどんどん発展するでしょうと言う三四郎に、先生は滅びるねと、つぶやくのだ。
そういう多面的な見方を含んだ明治150年であってほしい。
しかし平成時代の日本を覆いつづけてきた閉塞感は、昨今はやりの日本スゴイを生んだ。
それは明治スゴイにもつながるメンタリティーだ。
それからそれから、コールドプレスジューサーの中で、世界で一番選ばれてるのヒューロム社のジューサーです。
そしてその中でも今、一番売れてるのが【ヒューロム・H-AA】なんです。
大人気を博した『ヒューロム・H2H』の後継者モデルで、よりコンパクトに、より低速に、より静かに、より使い易く……
コールドプレスジューサー

中国の輸入増で足元の価格が高騰しても、影響は目先は限られそうだ。

ネットの評判を見てみたら、『ヒューロム(hurom)』っていうメーカーが断トツで売れてて、しかも、口コミの評判も良かったんです。
どうも『ヒューロム』のスロージューサーは、いろんな特許を取得してるようで、それが美味しさと使い易さに結びついてる感じでした。
でっ、実際どうなんだろうと思って、片っ端から知り合いに聞いてみたんです。
ヒューロム
それはそうと…中国はBSEが広がった2003年以降、米国からの輸入を停止。
この間の経済成長で個人所得が増え、豚肉に比べ割高な牛肉の消費が伸びている。
中国政府の中国農業展望報告によると17年の牛肉消費量は790万トンと、15年比6%増える見込みだ。
特に需要をけん引するのは伝統料理の火鍋。
肉の脂が熱湯で落ちやすく、脂の多いバラ肉が好まれている。
膨らむ需要の一方で、17年の生産量見通しは732万トンにとどまる。
中小の生産農家が多く、急激な出荷の伸びに対応しきれないためとみられる。
この報告書では現在50万トン程度の不足量が、25年に100万トン超に拡大すると予測する。
供給不足を解決する切り札は輸入しかない。
中国は停止し ていたブラジル産牛肉の輸入を15年に再開済み。
今回の米国産牛肉は調達するならショートプレートとの見方が目立つ。
中国の買いは日本の輸入価格の上昇圧力になる。
牛丼チェーンはショートプレートが値上がりするとみると長期契約を行い、値下がりすると予想した場合は1カ月ごとに契約する傾向がある。
今年は米国でバラ肉需要が伸びており、既に各社は3月ごろに6カ月の長期契約を結んだもよう。
中国の輸入増で足元の価格が高騰しても、影響は目先は限られそうだ。
コンビニの弁当などで値上がりが続けば具材が豚肉にシフトするとの見方がある。
中国の輸入姿勢についてこれまでも中国政府は輸入を解禁するそぶりを見せてきたが結局、しなかったと本気度をいぶかる声も聞かれ る。
どの部位をどの程度輸入するのか、判明するのは6月後半になるとみられる。
中国の動向が明らかになるまで、思惑的な取引から流通価格が乱高下する可能性もある。

日本人学生は交流を促す仕掛けがないと踏み出せない人が多いと話す。

星輝☆rukiです、高校時代から日本文学が好きだったキムさんはせっかく来たから留学生同士より日本人と暮らしたかったと、この混住型の寮を選んだ。
週末は仲良くなった日本人とカラオケに行くなど生活を満喫している。
宮城県出身の中田絵梨佳さんは英語力を上達させたいと同寮に入居。
毎晩のように留学生の友人と料理を振る舞い合い、国際交流を楽しむ。
中国語やスペイン語が母国語の友人もいて、先生役が多いから語学の勉強にはもってこいと満足げだ。
同寮で暮らす26カ国・地域の約140人のうち半分強は留学生だ。
新入生が多く、男女比率は4対6。男女でフロアが分かれ、大浴場もある。
日本人学生の家賃は管理費や光熱費込みで月10万円弱かかる。
禁酒禁 煙、男女フロアの行き来や寮生以外の学生の出入りは禁止――。
やはり日本はルールが多いとタイ人の短期留学生、プンノートック・カンヤラットさんは苦笑する。
キッチンには使ったら必ず片付けてなど、英語と日本語の注意書きが張られていた。
2年生の石川里沙さんは寮のお世話役として入居した。
高校生でドイツに留学した時、現地の学生に支えてもらい恩返しがしたかった。
イベントを企画したり日本語が話せない留学生をサポートしたり、文化が異なることによる障害を減らして順調に暮らせるよう気を配る。
慶大が混住型の寮を造ったのは初めて。
管財部レジデンシャル担当の尾崎友博課長は共有部分が多いおかげで、他の寮に比べて学生同士の交流の垣根が低い。
特に日本人学生は交流を促す仕掛けがないと踏み出せない人が多いと話す。
慶大は2014年、文部科学省が国際化を支援するスーパーグローバル大学に選定された。