星輝☆rukiの語り

星輝☆rukiのブログ

平成時代の日本を覆いつづけてきた閉塞感は、昨今はやりの日本スゴイを生んだ。

折しも、来年は明治元年から起算して満150年。
政府は68年の明治百年に準じた記念式典を挙行し、各種イベントを仕掛けるという。
平成から新時代への幕あいを、タイミングよく栄光の明治がよぎることになる。
明治以降の歩みを次世代に遺す。
明治の精神に学び、さらに飛躍する国へ――。
各省庁や地方自治体に明治150年関連施策の推進を呼びかける文書は明治をこうたたえる。
立憲政治を導入し、鉄道を敷き、学校をつくり、能力本位の人材登用を進めた明治期。
近代化への道をひた走ったこの時代にあらためて光をあてることで日本の強みを再認識す べきだという。
明治への思いもわかるが、それにしても称揚一色の書きぶりではある。
栄光の裏には悲惨があり、勝者の陰には敗者がいる。
維新では多くの血が流れ、戊辰戦争に敗れた奥羽越諸藩は塗炭の苦しみを味わった。
敗者の群れの住む所として東北地方に新たにレッテルが貼りつけられたと佐々木克の名著戊辰戦争は言う。
栄光の明治の象徴のように語られる日露戦争にも多様な視点は必要だ。
旅順陥落や連合艦隊の物語は華々しい。
しかしこの戦争での勝利は満州への足がかりをもたらし、昭和の戦争の導火線となった。
新興国ならではの苦悩を伴っていたのも、明治という時代だろう。
夏目漱石が三四郎のなかで、広田先生に言わせた有名な言葉がある。
日露戦争に勝って日 本はどんどん発展するでしょうと言う三四郎に、先生は滅びるねと、つぶやくのだ。
そういう多面的な見方を含んだ明治150年であってほしい。
しかし平成時代の日本を覆いつづけてきた閉塞感は、昨今はやりの日本スゴイを生んだ。
それは明治スゴイにもつながるメンタリティーだ。
それからそれから、コールドプレスジューサーの中で、世界で一番選ばれてるのヒューロム社のジューサーです。
そしてその中でも今、一番売れてるのが【ヒューロム・H-AA】なんです。
大人気を博した『ヒューロム・H2H』の後継者モデルで、よりコンパクトに、より低速に、より静かに、より使い易く……
コールドプレスジューサー