星輝☆rukiの語り

星輝☆rukiのブログ

風力発電などの分野に非常に大きなビジネスチャンスがあることを認識すべきだと話す。

テクスチャーはこくがあるクリームなのですが、お肌にのせると、スーッとのびがとてもよくてべたつきもなく、汗をかく夏場でも気持ちよく使えます。
冷蔵庫へ入れればヒンヤリクリームの出来上がりで、火照って開いた毛穴をきゅっと引き締めることもできます。
保湿効果は抜群で、エアコンによる乾燥や冬の乾いた空気や暖房による乾燥をしっかりと防いでくれます。
フォーマルクライン
最初は「フォーマルクライン」の情報でした。
では情報を切り替えて、米シンクタンクマッキンゼー・グローバル・インスティチュートによると、天然資源関連企業の時価総額は、15年だけで2兆ドル縮小した。
商品への世界全体の支出も、価格下落もあり同年1年だけで 半減した。
その間、技術の進化で太陽光や風力の発電コストが下がり、再生可能エネルギーの供給は採算が取れつつある。
こうした動きは、世界経済全体を化石燃料から再生エネルギーへと向かわせる。
それは規制ではなく、技術革新とコスト削減がもたらす動きだ。
需要の減少と、効率の改善、そしてクリーンエネルギー源への移行で35年までに世界で9000億~1兆6000億ドル節約できるとMGIは試算する。
こうした新技術を開発し、活用する企業が今後、受ける恩恵は相当なものになる。
だから米電気自動車メーカーのテスラや米宇宙開発ベンチャー、スペースXを創業したイーロン・マスク氏、米アップルのティム・クック最高経営責任者はほかの多くの大企業経営者らと共に、パリ協定離脱を 決めたトランプ氏の判断に抗議しているのだ。
気候変動は現実だ。
パリ協定離脱は米国にも世界にもよいことではないとマスク氏はツイートした。
時価総額の大きい企業の多くは今、米シリコンバレーにある。
シリコンバレーで創出されるクリーン技術関連の雇用を支援することこそが、米国を再び偉大な国にするために大統領が本来なすべきことなはずだ。
インドITサービス大手インフォシスのビシャル・シッカCEOは、トランプ氏は経済界にとっていい大統領だったはずだ。
太陽光パネルや環境負荷の低い電池技術、風力発電などの分野に非常に大きなビジネスチャンスがあることを認識すべきだと話す。