星輝☆rukiの語り

星輝☆rukiのブログ

そんな人は種子島宇宙センターまで行ってみてはどうだろう。

無料のツアーもある。
今年4月に一部をリニューアルした見学施設スペースドームには実物大の人工衛星などが並ぶ。
1日6回のツアーに参加すると、各機器の役割や特徴を聞くことができる。
小川聖将くんと誉将くんの兄弟は見ただけ では何に使うか分からなかったが説明が聞けて色々理解できたと話す。
中沢啓子さんは初めてきたが、実物大の大きさに圧倒されたと驚いていた。
宇宙飛行士の模擬訓練も体験できる。
料金は2100円からで、宇宙飛行士を選抜するために行われる4つの試験がある。
言葉のやりとりで絵を完成させる訓練などを体験できる。
土産屋も楽しい。
宇宙食など独特の商品が並び、1番人気はスペースカレー。
宇宙飛行士が実際に宇宙で食べるため、飛び散り防止で普通のカレーに比べてとろみが強い。
無重力空間では味の感じ方が変わるためスパイシーな刺激も強めだ。
プラネタリウムでも宇宙を体感できる。
多摩六都科学館にあるサイエンスエッグでは、1億4千万の星を見ることできる。
直径27.5メートルのドームは世界で4番目の大きさで最も先進的なプラネタリウムとしてギネスブックにも登録されている。
約45分のプログラムが1日に1~2回上映される。
専門スタッフによる解説も魅力の一つ。
録音を流す施設も多い中、専門スタッフによる生解説では、宇宙に関する旬な話題を聞くことができる。
収容人数は234人で、混雑する土曜・日曜は午後からの上映の予約が昼前に終わることもある。
事前予約はできない点も留意が必要だ。
ロケットを発射する場所を見たい。
そんな人は種子島宇宙センターまで行ってみてはどうだろう。
それはそうとして、「カタログギフトの旅行でおすすめ」について。
カタログギフト旅行おすすめ
おすすめの理由のひとつとして、他の企業のギフトとは異なり、エグゼタイムのカタログは旅行会社のパンフレットのように流麗で見やすいという点が挙げられます。
そのため、本当に旅に出かける楽しみを実感しながら選ぶ事ができるのではないでしょうか。
選ぶ楽しみ、旅行自体の楽しみ、両方を体験できるのが嬉しいですよね。